三年半

 


 ネオジオミニのコントローラーはいつになったら買えるんでしょうか。

 

 

 


 筐体一体型のコンパネだとあまりにもミニすぎて、覇王翔吼拳を使わざるを得ない場面で虎煌拳しか出ません。ニンコマで爆烈究極拳出そうとしたら筐体が回転しながら飛んでいきました。しょぎょうむじょう!

 

 

 てな感じでね。なんでも品薄になる前に買っておきたいですよねって話なんですけど。そういえば、8月25日に『アリクイのいんぼう』シリーズの新刊が出たんですよ!(もみ手)

 

 

 

 

 今回でシリーズはいったん終了になるので、未読のかたはこの機に一冊目の『家守と~』、二冊目の『運命の~』をお手にとっていただければ幸い。

 

 

 

 

 

 さて、ここから本題です。僕は2015年の2月に作家デビューしたんですけど、それから今日までに十冊の本を出させていただきました。

 


 その三年半は、子どもが生まれたり、あんこ(犬)が召されてしまったりと、肉体的にも精神的にもハードだったわけですが、それでもここまでやってこれたのは、応援してくれる家族や友人、そして読者のみなさまのおかげだと思います。

 

 いままでありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。


 これね。こういうコメント読むと、「ケッ。優等生ぶりやがって」とか、さきイカぺっちゃぺっちゃしながらビール飲んじゃう僕みたいな人がいると思うんですけど。

 

 これマジで思ってますからね。とかくメンタルがえぐられやすい商売ですが、その分あったかい言葉もかけてもらえますので。

 

 というわけで、

 

ネオジオミニのコントローラー、アマゾンに入荷してたよ」

 

「都内のゲームショップで見かけたよ」

 

「俺はあのコンパネでレイジングストーム出せるよ」

 

などのあたたかいお言葉がありましたら、よろしくお願いします。

 

 

 

僕がおいしいと思うレトルトカレーの話

 

 f:id:stanic:20180611103111j:plain

 


「日常的にカレー味を摂取しないと死ぬ」

 

 僕はそういうタイプのゾンビです。いままでは週5でランチがカレーヌードルだったり、週末は四袋358円みたいな安いカレーですませていたんですが。


 ほら、前に出した本が重版かかったから(めっちゃ鼻ふくらんだ顔)。


 というわけで、ちょっと贅沢してレトルトカレーの食べ比べをしてみました。だいたい六十種類。その中で「あー常食だこれ」と思ったカレーについてメモしておきます。基準は以下参照。

  

  • 容易に入手可能(季節限定の「神田カレーグランプリ」とか最高だけど)
  • 消費期限の長いもの(セブンイレブンの「金のカレー」はおいしいけど)
  • 価格帯は100~300円まで(物産展系の名物素材カレーもうまいけど)
  • 調理不要(フライパン使う自由軒のカレーも好きだけど)
  • 基本的に辛口(評価じゃなくて味)

 

 あと最初に書いておくと、全部百円カレーよりおいしかったです。なので完全に好みの話ということで。

 

S&B 噂の名店 欧風ビーフカレー お店の中辛

 

S&B 噂の名店 欧風ビーフカレー お店の中辛 200g
 

 

  噂の名店シリーズはどれもハズレがないと思います。欧風ビーフカレーはスタンダードで常食に向いていると同時に、レトルトカレーって温度が重要なんだと認識させてくれた一品。

 

 500w30秒と800wで10秒では全然違うんですよね。口の中での広がり方が。適温で加熱して食べると、「あー、カレーってうまい」としみじみ思える味だと思います。

  

カルディ チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)

  

kaldi-online.com

 

  カルディのカレーはどれもおいしいんですよ。レトルトカレー界隈では無印良品が推されまくってますが、個人的にはカルディが好きです。スタンプカードすぐにたまるから。

 

 ひよこ豆のカレーはチリビーンズ感あっていいですね。これほど的外れな食レポもないと思いますが、たぶん伝わるでしょう。

 

明治 男の極旨 黒カレー スパイシー中辛

 

明治 男の極旨 黒カレー 180g

明治 男の極旨 黒カレー 180g

 

 

 マカはあんまり関係なくて、「焦がしにんにく油」がキテる。すんごいうまい麻婆豆腐食ったみたいな満足感があります。

 

 さすがに毎日はきついけど、ときどき無性に食べたくなる的な。なもんで一個は常にストックしてます。

 

S&B ディナーカレー 中辛

 

S&B ディナーカレーレトルト 中辛 200g×5個

S&B ディナーカレーレトルト 中辛 200g×5個

 

 

 いわゆる「おうちカレー」のレトルト。 具材にマッシュルームが入ってます。マッシュルームと言えばハウスのカレーマルシェですが、うちは奥さんがマルシェ派なんで住み分け的に。

 

 味はタマネギの甘みで勝負してる系の上品な感じです。毎日でもいける。

 

S&B ゴールデンカレー 辛口

 

 

  こっちも「おうちカレー」の系統ですが、推し具はじゃがいもです。普段カレー作るときってじゃがいも入れないんですけど、たまに恋しくなりますよね。

 

 味噌っぽくカレーが付着したほくほくのじゃがいも。スプーンで半分に割ったとき、真っ白な内側から立ち上る湯気。この幸せ感いいわー。

 

最後に宣伝

 

 常食しているカレーはまだあるんですけど、長くなったのでこのへんで。

 

 あとカレー系ゾンビの僕がゾンビ小説を書いたので、よかったら読んでみてください。本屋さんのライトノベルコーナーに置いてあると思います。

 

地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD- (電撃文庫)

地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD- (電撃文庫)

 

 

 ※カレーは出てきません