読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANOTHER STARTING LINEを聴いて気づいたこと

 

 
 Hi-STANDARD- ANOTHER STARTING LINE- Full ver.(OFFICIAL VIDEO)

 

 

 1996年はまだ友だちとCDを貸し借りするのが当たり前の時代で。

 

 Honeycrackとかパブロ・ハニーを貸す代わりにGrowing Upを借りたというのが僕とハイスタとの出会いで。

 

 その頃どう感じたかはさておき(もっとやるべきことがあるから)、あれから20年経って僕の音楽事情は大きく変わったなあと。

 

 まず友だちからCD借りるなんてことなくなった。だっていまはネットで大半の音楽が試聴できちゃう。誰かに「この曲いいよ!」って伝えるのもLINEにPVのURL貼るだけ。

 

 別に僕はノスタルジーに浸りたいわけじゃない(もっとやるべきことがあるから)。友だちとCDの貸し借りすることがなくなって、よかったことがひとつあるよって話。

 

 そう、借りパクが滅びるんだ。

 

 だって僕はもう疲れたんだよ。正月に麻雀するためだけに上京してくる友だちにCD返せって言うの。「ごめん来年持ってくる」って半笑いで返されるまでワンセットでネタになってるし。

 

 じゃあおまえは借りパクしたことないのかって言われたら、ないよって断言できる。だって自分ちに人のものがあるって気持ち悪いもん。ハイスタのGrowing Upだって返してすぐに自分で買ったし。

 

 そう、5分前までそう思ってたんだ。

 

 

 Growing Up、うちに二枚あった。